頭皮のかゆみと抜け毛の関係|フケから原因を見分ける

頭皮のかゆみに悩む女性 原因

頭がかゆくて、フケのようなものがでてきます・・。

男女問わず、「頭がかゆい」症状を抱えている方は
少なくありません。
対処を間違えると抜け毛につながるかもしれませんので、
頭皮のかゆみを起こす原因をきちんと把握しておきましょう。

頭皮にかゆみを感じるという悩みを抱えている方は多く、
中には抜け毛の心配をされている方もいらっしゃいます。

抜け毛との因果関係を交えながら、
頭が痒くなる原因を明らかにしていきましょう。

頭皮環境の悪化

頭のかゆみが発症している状態というのは、
正常な頭皮環境ではないことの表れです。

頭皮環境を悪くする原因を抱えているため、毛根が傷つき、
結果的にかゆみが発生してしまうのです。

問題となる原因を放っておくと、
抜け毛を増やすことにつながりかねませんので、
その原因を予測することはとても重要です。

フケから見分ける頭皮環境悪化の原因

実は、頭から出る「フケ」によって、
頭皮環境を悪くしている原因を探ることができます。

頭皮の角質細胞は周期的に生まれ変わっています。
その周期によって、
古い角質細胞が剥がれ落ちたものがフケとなります。

フケに対して良いイメージは持たれませんが、
フケは頭皮から出る老廃物、
言い換えれば、
肌から出る垢のようなもので、
ごく自然な現象です。

人間の皮膚には、
約1ヶ月のサイクルで生まれ変わるターンオーバー(新陳代謝)という機能が備わっており、
その機能は頭皮にも同じように備わっています。

ターンオーバーの時に、
古くなった頭皮の角質が皮膚の奥から押し出され、
剥がれ落ちたものがフケなのです。

通常のターンオーバーで発生するフケは垢のように小さく、
通常は洗髪で取り除かれるので目立つことはありません。

しかし、フケは誰にでも起こる現象ではありますが、
目に見えて気が付くほど大量にフケが出るようであれば、注意が必要です。

その場合は、何らかの頭皮トラブルを起こしている可能性があります。

乾性フケ(カサカサタイプ)

フケがパラパラとしていて、大きさが小さい場合は、

  • 頭皮の乾燥
  • アレルギー
  • 紫外線・空調などからのダメージ
  • パーマ・カラーリング

などの原因が疑われます。

また、乾燥した頭皮はかゆみやフケだけでなく、
抜け毛を引き起こすことにもつながります(後述)。

脂性フケ(ベトベトタイプ)

フケがベトベトして湿っていて、
頭皮を触った時に皮脂が指についているような場合は、

  • 食生活の乱れ
  • シャンプーの回数が少なすぎる
  • ストレスからくる免疫力の低下

などが原因として疑われます。

原因の多くは頭皮の乾燥

頭皮のかゆみの原因は上記のようにさまざまですが、
「頭皮の乾燥」が原因になっているケースがとても多いです。

全然シャンプーを使っていないと脂性フケの原因になってしまいますが、
シャンプーで頭を洗いすぎたり、
あるいは体質や季節が原因で頭皮が乾燥してしまう場合もあります。

それがかゆみの原因となってしまいます。

頭皮に限らず、皮膚は乾燥すると痒くなりやすいものです。

冬場に肌がかさかさすると、
人によっては眠れなくなってしまう程のかゆみを伴うこともあります。

そして、乾燥によりフケが発生すると、
フケが汚れとなって毛穴を塞ぐことがあります
そうすると、
毛穴から正常に髪の毛が生えてこられず、
場合によってはヘアサイクルを乱れさせて、
抜け毛が増えることもあるのです。

間違ったヘアケア

「頭が痒いのは頭皮や髪の毛が汚れているからだ」と思って、
1日に何回もシャンプーをする方がいます。
しかし、洗髪のし過ぎは、
皮膚のバリア機能を担っている皮脂を洗い流してしまい、
極度の脱脂状態にしてしまう
ことがあります。

結局、肌を乾燥させてしまうことになって、
さらなるかゆみを産み、かえって悪循環に陥ってしまいます。

また、頭がかゆいと、
強い力で擦ってしまったり、爪を立ててシャンプーをしてしまったりしがちですが、
この行為は、知らず知らずのうちに頭皮を傷つけてしまいます

頭皮は他の肌と違って髪の毛に覆われているせいで、
細かな傷に気づきにくく、
最悪の場合、傷口から細菌が侵入して化膿してしまうこともあります。
化膿を起こさなくても、さらなる痒みを誘発したり、
抜け毛を促すことにつながりかねません。

頭皮はとてもデリケートなものなので、
痒みがあったとしても、
頭をかきむしるようなことは行ってはいけません。

あるいは、過剰分泌された皮脂によって頭皮環境が悪化するケースもあります。

一般的には、過剰にシャンプーをし過ぎると脱脂状態になって乾燥肌になりますが、
人によっては皮脂が過剰に分泌されることがあります。

これは、肌のバリア機能を担う皮脂が取り除かれすぎることで、
皮脂をもっと分泌しなければと体が勘違いしてしまい、
皮脂を過剰分泌してしまうからです。

「洗髪回数が多いのに何故か皮脂が多くてベタつく」

というような状態でしたら、
シャンプーの回数を見直す必要があります。

ベタつきをとりたくて何度もシャンプーの回数を増やすと、
次は頭皮の乾燥を招いてしまい、どんどん悪循環にはまってしまいます

使用しているシャンプーやトリートメントなどに含まれている成分が
頭皮にダメージを与えている場合もありますので、
使用する商品は慎重に選ぶ必要があります。

他によく勘違いされているのが、
「熱で髪を傷めるから、シャンプー後にドライヤーは使わず自然乾燥にしている」
という考えです。

濡れている髪の毛はダメージを受けやすく、
頭皮も細菌が繁殖しやすい状態
になっているため、
放っておくとトラブルを引き起こす可能性があります。

基本的には頭皮を乾燥させないようにすることが
大事なポイントですね。

シャンプーし過ぎたり、強くこすりすぎたりしないように
注意したいと思います。

タイトルとURLをコピーしました